さちばるやーどぅい

AMAMIKIYO施工状況/着工:2014 年

AMAMIKIYO施工状況/着工:2014 年

 

静かな森の中にあるリラクゼーションサロンAMAMIKIYO。


ハイビスカスなどのハーブティーを味わいながら、さちばるの庭で採れた月桃の葉、ヨモギ、さし草の花等を使用した足湯をお楽しみ頂けま す。
自然の中で、風の音、鳥のさえずりをダイレクトに感じながら月桃オイルトリートメントを受けることが出来ます。

 

2020.12.24

天空の茶屋施工状況/着工:2010年7月_完了:2011年3月12日

天空の茶屋
「さちばるやーどぅい」の最上部に位置し、建物は沖縄の伝統的な赤瓦造り。
赤瓦は玉城で取り壊す古民家から譲り受けた古瓦です。
高台の吹きちらし場所で、建築の専門家だとコンクリート造りを勧めたでしょう。
一年を通して、四方八方から風が吹いてエアコンは要りません。
ただ、台風時にはものすごい風が吹き、恐怖を感じることが間々あります。

 

2020.12.22

山の小屋施工状況/着工:2004年2月_完了:2004年9月

山小屋は(株)さちばるの庭スタッフがセルフビルド(自分達で建物を建てる)で建てました。
今は、宿泊施設として活用しています。

2020.12.21

山の茶屋 楽水施工状況/着工:2001年6月_開店日:2002年2月20日

 

家族で測量スタート 2000年6月

 

 

面岩/現況測量時に巨岩を発見し、楽水の位置が決まりました。

建築工事は常軌を逸した独自の手法でした。木を切らず、巨岩を割らないで、限られたスペースに建物をはめ込みました。

 

 

アプローチの階段や石積みに、総工費の約50%を注ぎ込みました。

公道から建物までのアプローチ高低差が15.00mで百段の石階段を造りました。

アプローチの工期:約8ヶ月

 

 

 

 

2020.12.19

さちばるの庭施工状況/着工:2000年9月

さちばるの庭
浜辺の茶屋、工事着手前の1993年、手付かずの「さちばる」に自身で現況測量調査に入りました。
そこは鬱蒼としたジャングルで、毎日わくわく楽しかったのを今でも鮮明に覚えています。

「先人が築いた十数段の石積み段々畑、ガジュマルやウスクの大木、
散在する巨岩、鳥の声や蝶の舞い踊る様」を見て感動し、燃える思いが湧き出てきました。それが「さちばるの庭」を造るきっかけになりました。

コンセプトは、自然に優しく、元々そこにある物を主役にした庭作り。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2020.12.15